シーミーについて

シーミーの由来

沖縄の新暦四月五日頃、中国の暦法で二十四節気の一つである清明(旧暦の三月)の節になると、子孫が墓前に集まって先祖の供養をし、各々の家族に健康を祈願します。
本土では、浄土思想に由来し極楽浄土(阿弥陀如来が治める浄土の一種)は、西方の遥か彼方にあると考えられており、西方浄土(さいほうじょうど)ともいいます)。
そのため、真西に太陽が沈む春分・秋分の日は夕日が極楽浄土への「道しるべ」となると考えられています。
極楽浄土への道を「白道(びゃくどう)」といい、信じて進めば、必ず極楽浄土に至ると言う信仰が生まれ、現在に至っています。
また、昼夜の長さが等しくなることからお釈迦様の教えである偏りのない考え方「中道(ちゅうどう)」を表すとも言われています。
沖縄では、シーミーにそれぞれあり、門中を中心とするものには、
モンチューシーミー(門中清明)、カウウシーミー(神御清明)、家庭ではウシーミー(御清明)、シーミー(清明)といいます。

照屋漆器店のサービス

沖縄仏壇 仏具 位牌 沖縄仏壇 仏具 位牌 沖縄仏壇 仏具 位牌
沖縄仏壇 仏具 位牌 沖縄仏壇 仏具 位牌 沖縄仏壇 仏具 位牌
沖縄仏壇 仏具 位牌 沖縄仏壇 仏具 位牌沖縄仏壇 仏具 位牌
照屋漆器店Youtube動画
沖縄仏壇 仏具 位牌

Copyright(c) 2011 Sample Inc. All Rights Reserved.